効果倍増マーケティング

いかなる時も「AIDMA」が原則。これに従ってマーケティングツールを作成します。

 

「ブランドロゴ」「ホームページ」「チラシ」「DM」「ポスター」「看板」「名刺」「メルマガタイトル」「売場作り」「展示会場のブース作り」「営業のセールストーク」など、企業の広報・広告・営業活動の全ての場面において、「あっ(Attention:注意)」「これいいな(Interest:関心」というAIDMAの法則が活きています。

 

既成の制作物に少し手を入れるだけで、見違えるような効果が上がります。

 

どこに手を入れるか?

 

これを考えるにあたってもやはり、AIDMAの法則が原則で「興味・関心」の入口である

 

「Attention:注意」

 

が最も重要です。どんな素晴らしい内容であっても、

 

目を留めて戴く、手に取って戴く

 

ことからスタートします。

効果倍増のマーケティング事例を一つお見せします。

封筒01

このようなDM封筒が届いて、中身を見ずに「ゴミ箱」へ入れる人はいません。

DMは中を見て貰うことが第一優先です。どんなに素晴らしい価値ある提案も見て貰えなければ、そこには存在しないと同じです。

ですから、この封筒の場合、「あっ(Attention:注意)」「何これ?(Interest:関心」この2点を重視しました。

経営者の関心事をキャッチコピーにします。

経営者の関心事は「売上」「利益」そして「人」です。

経営者は創業者であれば、最初は一人もしくは数人で商売をスタートし、苦労をしながら、少しずつ売上を上げ、利益を出し、人を採用し、教育し、事業を拡大していきます。。

つまり、経営者の関心事の第一優先は「売上の確保」となります。

経営の悩みはいろいろとありますが、「売上」が上がり、「利益」が出れば、多くのことが解決されます。

ですから、「売上」「利益倍増」「採用」という言葉には敏感なのが経営者なのです。

ところが、送られてくるDMの多くには、この3つのことを言葉にしたモノが多いです。

逆に食傷気味なのも事実です。

ですから、敢えて「業務改善」から入り、「どんなこと?」という心理プロセスに繋げました。

「業務改善」は「売上」「利益」「人」の全てに繋がります。

 

 

もう一つの事例です。介護事業所で「看護師」を確保したく、いろんな求人サイトや求人誌を使いましたが、大手でも採用が難しく、なかなか人財を確保することができませんでした。そこで次のようなチラシを作りました。

募集チラシ

 

かなり「反則技」かも知れません。提案したときには「え~っ!」という声が上がりましたが、今までの手法では全く効果が出なかったのですから、強引に納得いただき、折り込みました。結果はもちろん「募集」がありました。

 

まずは、ゴミ箱直行を回避する。次に中身を見て貰う。

 

忙しい現在人々には「3秒」で伝えないとなりません。では、その3秒でどうやって何を伝えるのか?

「現場力倍増マーケティング」ではDMの中身の他、いろんなツールでターゲットのハートを3秒で掴む手法をお教えいたします。