経営理念、代表者の声

 

経営理念

お客様の重要なリソースである「人の育成」と「人の活躍」を支援することが私たちのお役立ちです。

 

  • 現場力倍増(L)私たちはお客様の現場力を倍増させるご支援のために、仕事の場面だけで無く、いつも自身の「知識」「技術」の習得と研鑽に努め、新しいことに「挑戦」いたします。

    私たちはお客様の現場力を倍増させるご支援のために、「NOと言いません」。やむを得ず、そのまま出来ないときも必ず「代替案」を提案いたします。

    私たちはお客様の現場力を倍増させるご支援のために、「お客様の今」だけでなく、「お客様の未来」を予測し、ご期待に応えることを目指します。

 

代表者の声

人の幸せのために働くことは最高の働きがい。最高の働きがいは最高のしあわせ。生きている実感。

 

  • 経営の目的は利益の追求ではなく、世の中のお役に立つこと。お役立ちのご褒美が利益。利益の大小を語る前にお役立ちの大小を語るべき。目標未達はお役立ちが未達であったということ。すなわち、お役に立ちたい思いが「小さかった」結果が「目標未達」。他人やお客様、環境や時代に理由を求めるのではなく、自分の心の中に理由がある。
  • 働くことが辛いと思ったことは一度も無い。いつも楽しい。何故なら、自分のために働くのではなく、人のために働くから。もし、自分のために働いていたら、コンサルティングという仕事はきっとしんどいはず。人の幸せのために働くことは最高の働きがいである。
  • 最高の働きがいを感じる毎日を送るためには、お役立ちを重ねないとならない。そのためには勉強が不可欠。その勉強も自己啓発だったら私は続けることができない。人のためと思う「利他啓発」だから続けることができるし、楽しくてたまらない。
    SONY DSC

    代表取締役 足利 晋

  • 私の顧問先の最高のスタッフが最高の顧客感動を提供して、経営者とスタッフとお客様が喜ぶ姿を見ると自分を活かしている実感がする。
  • 常にプロである。プロ意識も技術も低いのにお客様からプロとしてお金を貰ってはいけない。プロとは約束を果たすことができる人であり、プロとは自分で自分の目標を立てることができ、それに向けて自発的に努力と啓発をできる人。

 

このような考えで、経営と顧客対応をしています。幸せです。

 

 

 

 

代表者略歴

いろんなことを深掘りするタイプです。仕事からの学びは当然ですが、趣味や遊びからの学びがかなり仕事に役立っています。

 

  • 株式会社感動マーケティング 代表取締役社長 現場力倍増コンサルタント
  • 株式会社角田識之事務所 サポートコンサルタント
  • 「志ある企業」の育成を通じて、「志のある人」を育てる異業種交流会「APRA(エープラ)」 本部副事務局長、関西APRA 事務局長
  • 感動物語コンテスト 実行委員

 

大学卒業後、量販チェーンに入社。開発部、商品部、販促部、販売部、店長等を経験。販促に関して、更なる理論と技術武装をしたく退職し、デザイン事務所でグラフッィクデザインを3年修行。その後、いろんな広告企画に携わりたく、広告の企画・制作会社に入社。様々な業界のブランディングコンサル、広告企画プロデュース及び営業マネジメントを行う。2000年 株式会社角田識之事務所 代表取締役 角田氏(現弊社会長)と出会い、中小企業の「現場の力を倍増」させることに特化したコンサルティング会社を設立。

 

<趣味>

映画鑑賞(年間200本)、ギター収集(約20本)、ミノルタのフィルムカメラ収集(約100台)、

 

<現在はまっていること>

「この世の中は何でできているんだろう?」という疑問から宇宙に興味が出てきて、現在、天文学や相対性理論、量子論を学習中です。

<夢・志>

医療従事者になること。来たる高齢化社会において地域単位で健康推進を進めることができるようにお役立ちしたいと思います。アンチエイジング学会やノルディック・ウォーク学会などに潜り込んだり、医療・介護関係者向けのセミナー、講演会で少しずつ勉強しています。いつか、活かしたいと思います。